【ホンダFC】2020年の第100回天皇杯は新型コロナウイルスの影響でアマチュア中心に!天皇杯決勝進出最有力の「HondaFC」って?

エンタメ

はじめに

弊社が主に仕事をしている「公営競技業界」は、新型コロナウイルスの影響で、2020年の2月の終わりから無観客での開催を行っています。

新型コロナウイルスの影響は、スポーツ業界にも大きく影響し、Jリーグやプロ野球など多くのスポーツリーグの延期が発表されています。

Jリーグで言うと、年末年始のサッカーの風物詩になっている「天皇杯」もレギュレーションの大きな変更があり、記念すべき100回大会は、例年とは違う方式で開催されることとなります。

そこで、今回は2020年の天皇杯と、レギュレーション変更に伴い決勝進出候補となった「ホンダFC」についてご紹介します。

そもそも天皇杯とは?

アマチュアクラブからJリーグに所属するプロクラブまでが参加する日本で一番大規模で、今年で100回大会となる歴史ある大会です。

旧国立競技場が閉鎖される前は元日に決勝戦が開催されていたため、「正月の風物詩」ともいわれます。

アマチュアクラブがプロクラブに勝利する試合、ジャイアントキリングが度々起きることも大会の魅力の一つです。

昨年大会の決勝は、新国立競技場初のスポーツイベントとして、2020年1月1日に行われたので、ニュースで目にした方も多いのではないでしょうか。

100回大会決勝は、2021年1月1日に予定されています。

2020年の天皇杯はどうなるの?

2020年は新型コロナウイルスの影響でJリーグの試合日程消化が危ぶまれているため、Jクラブの参加がJ1上位2クラブのみ準決勝からの参加となり、参加クラブ数が88から50クラブに絞ることとなりました。

9月16日(水)に開幕し、1回戦から都道府県代表32チームが、9月23日(水)の2回戦からアマチュアシード(Honda FC)、残りの都道府県代表15チームが出場します。Jリーグからは2020明治安田生命J1リーグ上位2チームのみが12月27日(日)に予定している準決勝から出場し、2021年1月1日(金・祝)に決勝を開催します。

http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2020/news/00024807/

これによってアマチュアクラブの躍進が期待されます。

例年通りの天皇杯でも、アマチュアクラブがプロクラブに勝利することは度々起こりますが、何回も勝って上位進出する例は少ないです。

しかし、今大会はベスト4にアマチュア2クラブが必ず進むということになります。

その恩恵を受け、2020年の天皇杯決勝に躍進すると言われているチームを挙げるとすると、 Jリーグ関係者からも「JFLのレベルではない」とたびたび称される『ホンダFC』でしょう。

ホンダFCって?

ホンダFCは静岡県浜松市を本拠地とし、選手スタッフの多くは本田技研で働く、Jリーグの下のカテゴリーで4部相当のJFLに所属するアマチュアクラブです。

JFLを史上初の4連覇し、ここ5年の天皇杯でも96回大会ではベスト16、99回大会ではベスト8まで進出している、「アマチュア最強クラブ」です。

2019年の99回大会ベスト8へ進出しましたが、Jクラブ以外では12年ぶりとなる出来事でした。

ます。現在はJリーグ参入を目指さず、アマチュア最強でいることをクラブも表明しています。この心意気がかっこいいクラブです。

2020年現在は、2005年のJ1ベストイレブンの古橋達弥選手やコンサドーレ札幌からレンタル移籍中で若手注目株の中村桐耶選手が在籍しており、過去にもJリーグに何人も選手を送り込んでいます。

クラブとの対戦でも、ゴール前を固めて守備重視するようなことはせずに、前から守備をして、攻撃している印象を受けます。

2019年大会でも、近年J1でも存在感を強めているコンサドーレ札幌やアジア王者にもなった浦和レッズに複数得点で勝利、強豪鹿島アントラーズには敗れたものの互角の戦いを繰り広げていました。

【ハイライト】浦和レッズ × Honda FC「第99回 天皇杯 ラウンド16」

もしかすると、アマチュアクラブに勝利しベスト4進出するだけでなく、決勝進出も・・・といった声もSNSには上がっています!!

キーワード検索 - HondaFC 天皇杯 決勝

多くのファンがホンダFCの躍進を期待する2020年天皇杯に注目です。

年末はスポーツイベント盛り沢山!!!

年末年始はスポーツイベントがたくさん予定されています。

サッカー天皇杯をはじめ、競馬の有馬記念、競輪、ボートレースのグランプリなど、1年のチャンピオンを決める総決算の大会が数多く開催が予定されています。

新型コロナウイルスが収束し、スポーツイベントの開催がされることを祈っています。

もちろん、公営競技もご覧ください。

「当たるんです」とは?

「当たるんです」は当選確率4096分の1という業界最高クラスの高確率を誇るロトくじです。

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる高確率の重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこちら

その他のサービス

弊社では、その他のサービスも提供しております。

◆みんなの競輪

チャットをしながら楽しめる、競輪投票サイトです!

競輪専用情報メディア『輪ペディア』

輪pedia | 競輪メディアサイト
競輪(けいりん・ケイリン)のことなら【輪pedia】。競輪情報から競輪初心者講座、各種データ等が盛り沢山。競輪初心者から上級者まで、楽しめる・為になる競輪メディアサイト。

◆BANKLEAGUE

令和生まれの新スポーツ!

ロードレーサーが競輪場でレースを行うエキサイティングなスポーツです!

◆250KEIRIN

千葉競輪場を建て替え、新しい千葉ドームを建設しております。

国際規格(オリンピックなどと同じ)のKEIRINを日本で観戦することができるようになります!

 

千葉ドームで目指すべき姿はこちら

【250ケイリン】千葉ドームの建設と250KEIRINの実施について
250KEIRINの公式メディア完成!「日本写真判定株式会社」千葉ドームを建設する目的と、250ケイリンプロジェクトに対する思いや構想をご紹介します!

参考にしたいスポーツ演出例はこちら

NBA編

【NBA動画】炎!レーザー!花火?!エンターテイメントの本場・アメリカのスポーツ演出がすごい!①NBA編
NBAのアリーナ演出は規格外!映像やレーザー光線だけでなく、炎や花火を駆使し世界最高峰のスポーツ演出を実現しています。そんなNBAのハイレベルな演出を動画を交えてご紹介します。

Bリーグ編

スポーツの新しい観戦体験!「プロジェクションマッピング」や「光の演出」で盛り上げるスポーツチームの演出動画3選
「島根スサノオマジック」「大阪エヴェッサ」「横浜DeNAベイスターズ」|プロジェクションマッピングや光の演出が凄い、スポーツチームの演出の模様を動画付きでご紹介します。この動画を見ると、現地に行った気になるかも!そんな大迫力の演出が満載です。

コメント