【みんなの競輪】競輪の「ライン」ってなに?競輪のラインの仕組みを動画で説明します。

みんなの競輪

競輪の「ライン」

競輪を知ったばかりの人が必ずと言っていいほど気になるのが、競輪独自のルールのような「ライン」と言われるものです。

ラインとは、下の画像のような区分けのことをいい、「競輪は個人競技なのに、なぜチームで走るのか」といったことで引っかかる方が多い印象です。

そこで、弊社スタッフがラインの仕組みやラインのポジションごとの役割を動画でまとめていますので、一度ご覧になってください。

【競輪初心者向け】1分でわかる!ライン解説

「ライン」とは

競輪はチーム戦

競輪は「ライン」と呼ばれるチームで走ります。
チームの分かれ方は、「友達」「顔見知り」「先輩・後輩」「いつも一緒に練習している」ということから分かれることが多いです。

チームの作戦

チームごとにも特徴があり、「一周を全力で漕いでもスタミナが持つ」という選手は、全てのチームの先頭を走ります。この作戦を先行といいます。

一方、「スタミナは無いけど、スピードには自信がある」という選手は、レースの途中から他のチームを追い抜きにかかります。この作戦をまくりといいます。

チームの先頭は?

チームの先頭を走るのは、基本的に若い選手
先頭は風の抵抗で体力を奪われやすいポジションになります。

ポジションごとの役割

先頭以外のポジションは体力を温存できる代わりに、チームとして有利に展開できるよう、役割があります。

2人目の役割:敵のまくりを防ぐ役割を担い、敵のまくりが来たときに、敵チームに対して邪魔をします。

3人目の役割:敵がチーム内に割り込むのを防ぐ役割を担い、敵チームの内側への侵入を妨害します。

2人チームの場合

2人目の選手は外内兼務となるため、2人目は忙しくなり、チームが少し乱れやすくなります。

4人チームの場合

チームの連携が強固なものになります。

一人(単騎)の場合

一人で自由にやることが多いです。

レースの最後は?

チームで協力して上位を目指しますが、ゴール前は容赦なく1着を取りに行きます。

まとめ

このようなチームのことを「ライン」といいます。

みんなの競輪とは?

みんなの競輪は、チャットをしながら競輪を楽しめる、競輪投票サイトです!

購入金額に関わらず、投票金額の3%をポイントバック中!

その他のサービス

弊社では、その他のサービスも提供しております。

◆当たるんです

「当たるんです」は当選確率4096分の1という業界最高クラスの高確率を誇るロトくじです。

「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる高確率の重勝式投票券です。

「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。

◆当たるんですのご登録はこちら

◆BANKLEAGUE

令和生まれの新スポーツ!

ロードレーサーが競輪場でレースを行うエキサイティングなスポーツです!

◆250KEIRIN

千葉競輪場を建て替え、新しい千葉ドームを建設しております。

国際規格(オリンピックなどと同じ)のKEIRINを日本で観戦することができるようになります!

 

千葉ドームで目指すべき姿はこちら

【250ケイリン】千葉ドームの建設と250KEIRINの実施について
250KEIRINの公式メディア完成!「日本写真判定株式会社」千葉ドームを建設する目的と、250ケイリンプロジェクトに対する思いや構想をご紹介します!

参考にしたいスポーツ演出例はこちら

NBA編

【NBA動画】炎!レーザー!花火?!エンターテイメントの本場・アメリカのスポーツ演出がすごい!①NBA編
NBAのアリーナ演出は規格外!映像やレーザー光線だけでなく、炎や花火を駆使し世界最高峰のスポーツ演出を実現しています。そんなNBAのハイレベルな演出を動画を交えてご紹介します。

Bリーグ編

スポーツの新しい観戦体験!「プロジェクションマッピング」や「光の演出」で盛り上げるスポーツチームの演出動画3選
「島根スサノオマジック」「大阪エヴェッサ」「横浜DeNAベイスターズ」|プロジェクションマッピングや光の演出が凄い、スポーツチームの演出の模様を動画付きでご紹介します。この動画を見ると、現地に行った気になるかも!そんな大迫力の演出が満載です。

コメント